入社案内パンフデザイン方法

HOME » 会社案内・入社案内 » 入社案内パンフデザイン方法

入社案内パンフデザイン方法

・入社案内パンフレットのデザインについて
ここでは、入社案内に使うパンフレットデザインの特徴と、どのようにして制作されるのか?について詳しく説明したいと思います。
こういった紙媒体のパンフレットを作る時には、まず、それを見て欲しいターゲットを想定しなければなりません。
入社案内の場合は誰がターゲットになるのでしょうか?
まずはそこから考えてみると良いでしょう。

・入社案内デザインパンフのターゲットは?
こういったパンフレットを制作する時には、まずどのような人間に読んでもらいたいのか想定しておかなければなりません。
今回説明するのは入社案内ですので、ターゲットは、会社に興味を持った社員候補の人たちです。
特に新卒の業界での実務経験が無い人たちは、OB訪問やこういった入社案内パンフレットで会社の情報を知るしか手段がありません。
そのため入社案内デザインパンフレットは、会社に興味を持ってくれた人たちを集めるための一つの手段だと言えます。

・会社に興味を持ってもらうためのデザイン
会社の事業や商品、サービスに少しでも興味を持ってもらうために、表紙のデザインにはこだわらないといけません。
入社案内なのでお客さんに対しての訴求ではありませんが、ターゲットが違うだけで、「伝える」という目的があることには変わりありません。
そのためには入社を少しでも考えている人の、記憶に残るデザインに仕上げる必要があります。

・WEBサイトと紙パンフレットの違い
紙のパンフレットとWEBサイトもしくは、WEBパンフレットでは効果が違います。
WEBパンフレットよりも紙の方が、「記憶に残りやすい」という傾向があります。
また、紙パンフレットには、「読ませる力」がありますので、手に取った人がより深く情報を読み込んでくれるというメリットがあります。

・商品紹介パンフとは違った入社案内パンフ
商品を紹介するパンフレットは、会社のサービスや商品を訴求するものです。
自社の商品のこだわりを、前面に出して紹介しなければなりません。
一方、入社案内は、会社自体の魅力を訴求するものになります。
自分の会社にどのような魅力があるのかを、客観的に見てわかるような内容を構成する必要があります。
特に新卒や第二新卒をたくさん集める場合は、「この会社に入りたい!」と思わせるような何かが入社案内のパンフレットに盛り込まれていなければなりません。
商品を訴求するのも会社を訴求するのも、ある意味同じようなものなのかもしれません。
とにかく手に取った人が興味を示して、中まで読んでくれるデザインと説明文の構成がパンフレットには必要です。