入社案内デザインをおしゃれに

HOME » 会社案内・入社案内 » 入社案内デザインをおしゃれに

入社案内デザインをおしゃれに

・入社案内パンフレットデザインにはおしゃれなものが多い
会社がどういった事業を行っているかどんな魅力があるのかを、要約して説明するのは入社案内パンフレットの役割です。
この入社案内パンフレットのデザインを、おしゃれにしている会社もあるようです。
なぜ、パンフレットのデザインを、おしゃれにする必要があるのでしょうか?

・入社案内パンフのデザインをおしゃれにする理由
入社案内パンフレットのデザインをなぜおしゃれにするのかと言うと、パンフレットを求職者に手に取ってもらう必要があるためです。
地味なパンフレットだと、そもそも見てもらえません。
パンフレットは中身を読んでこそ初めて、内容が伝わりますのでまず興味を持ってもらうことが大事です。
人に読ませるためのパンフレットは、見た目でインパクトを与えないといけません。

・入社案内のデザインに必要な要素
入社案内のパンフレットのデザインは、透明性健全性のあるコンテンツにすることが大事です。
事業の内容が伝わらない不透明な部分があると、求職者も応募するのをためらってしまいます。
どのような事業を、どのようなスタンスで行っているのかを明確にすることが肝心です。
また、難しい内容ではなく、すっきりと簡単にまとめた内容にすることもポイントとなります。
そうすることで、応募のハードルが下がるからです。

・会社案内と入社案内の違いって何?
どちらも同じように会社をアピールすることには変わらないのですが、アピールする相手がかかってきます。
会社案内は、お客さんに対してアピールしているのに対して、入社案内は求職者に対してアピールしています。
どちらも会社の魅力を紹介するという点においては変わりませんが、より具体性を求められるのは、会社案内のパンフレットの方でしょう。
ただどちらも、お金をかけて作り込まないと、安っぽいものに仕上がってしまいますので、自社でテンプレートなどを作ってパンフレット制作する際には、安っぽくならないように注意が必要です。

・入社案内で会社の魅力を伝えるには?
とにかくどのような方針を持って授業をしているのか?会社のコンセプトを明確にすることが大事です。
入社案内では求職者が、事業方針に共感するような内容に求めていかなければなりません。
そのためには、閉塞感の強い企業ではなく開けた企業であると言うことをアピールし、社員がどのようなビジョンを持って働ける職場なのかを、イメージできる内容に仕上げる必要があります。