入社案内をかっこいいデザインに

HOME » 会社案内・入社案内 » 入社案内をかっこいいデザインに

入社案内をかっこいいデザインに

・入社案内にかっこいいデザインは必要?
新卒者に、この会社に入りたい!と思ってもらえるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?
まず、入社案内をかっこいいデザインにすることが大事です。
見た目にインパクトがあり、「どんな会社なんだろう?」と興味や関心を持ってもらう必要があります。
大手有名企業であれば、既に存在が認知されていますので、わざわざアピールする必要はありません。
ですがまだ名前の知られていない企業の場合は、まず求職者に会社の存在を知ってもらう必要があります。
では、どのようなデザインがかっこいいデザインなのか?ここで説明したいと思います。

・若者の冒険心をくすぐるようなデザイン
新卒や第二新卒者を募集する場合は、冒険心をくすぐるようなデザインやキャッチコピーが必要です。
堅い感じのパンフレットでは、誰も興味を持ちません。
パンフレットを見た人が、この会社に入れば、何かに挑戦できるという期待感を持ってもらうことが肝心です。

・パンフレットの中身は具体性を持たせる
外見のインパクトはもちろん大事ですが、内容に具体性を持たせる必要があります。
特に事業内容や財務状況などは透明性を持たせる意味で、包み隠さず公開するべきです。
財務状況は株式会社であれば決算発表がありますので、もともと公開されてはいるものですが、より分かりやすく説明することも肝心です。

・WEBサイトでの入社案内とパンフレットの違い
WEBサイトは視覚的に「見る」行動になるが、記憶に定着しにくい傾向があります。
パンフレットの「読む」行動は自発的なもの、自発的にパンフレットを手に取りページを開いています。
つまり、パンフレットを手に取る人は、潜在的に興味関心を持っているということを意味しています。

入社案内デザイン決定の流れ
入社案内のパンフレット制作を、外部に依頼した場合はまずは取材から行われるのが普通です。
取材をしてコンセプトを考えて、内容が企画されます。
内容が企画されたあとはデザインの下書きが行われ、その下書きを打ち合わせを行いながら修正し、本格的なデザインの制作に入ります。
デザインができたらクライアントが確認をして、よければ印刷に回される流れです。
こういったパンフレット制作の費用を抑えるためには、できるだけ原案をこちらで作っておくということが大事です。
原案があれば、制作会社に依頼した時の取材費用を浮かすことができますので、トータルで支払うお金も少なくなります。
まずは、パンフレットの制作会社に相談して、見積もりとサンプルをもらうようにしましょう。