会社案内デザインの内容

HOME » 会社案内・入社案内 » 会社案内デザインの内容

会社案内デザインの内容

・会社案内パンフレットの内容はどうする?
ここでは、会社案内用のパンフレットのデザインやその内容に、どのような物を採用すればいいのかについてお話ししたいと思います。
WEB媒体が主流になりつつある今、わざわざ紙媒体の会社案内や入社案内パンフレットのようなものを制作する理由は、一体なんなのでしょうか?

・会社案内のデザインは重要?
会社案内パンフレットのデザインは、取引先が見るものですので、内容を興味関心を引くもの、具体的なものにしなければなりません。
その上で、手に取ってもらうための、インパクトが必要となります。

・紙媒体(パンフレット)の効果
WEB系の公告と違って紙のパンフレットには、手に取った人に「読もう」と意識させる効果があります。
これはなぜなのか?というと、人は形あるものに対して価値を感じるからだそうです。
WEB広告は記憶になかなか残りにくいのに対して、紙のパンフレットは、「読もう」という意識のおかげで、記憶にも残りやすいという強みがあります。
これにより、会社のロゴなどをパンフレットに挿入することで、自然にブランディングをすることも可能です。

・パンフレットとリーフレット
パンフレットよりも、手軽に手に取って見られるのがリーフレットです。
リーフレットは、パンフレットと比べてページ数が少ないので、見開きページにすべての情報を載せる必要があります。
そのため情報は、一番伝えたいものに絞ってまとめることが肝心となります。
伝えられる情報の数は、ページ数の多いパンフレットに比べて少ないですが、ピンポイントな情報をよりダイレクトに伝えることができます。

・会社案内はどのようなデザインや内容がベスト?
会社案内は会社の魅力をお客さんにアピールする資料になりますので、会社のサービスやメリットを提示し、他の企業とは違った魅力を打ち出した内容にすることが大事です。
特にコンセプトは、明確にまとめておく必要があります。
自分の会社でパンフレットを作っているケースでよくあるミスが、色々な情報を詰め込もうと考えて、結局コンセプトがずれてしまい何が伝えたいのかが相手に伝わらない資料になってしまうケースです。
そうならないように、パンフレット制作の専門業者にきちんと依頼をして、構成がしっかりしたパンフレットを作ってもらうようにすることが大事でしょう。
パンフレットはデザインだけではなく、そこに説明文も挿入されますので、文字や画像イラストなどの配置も重要になります。
どのように配置をすれば、人の記憶に内容が残り易いのか?を十分知っている、パンフレット制作のプロに任せた方がいいでしょう。