会社案内のデザインサンプル

HOME » 会社案内・入社案内 » 会社案内のデザインサンプル

会社案内のデザインサンプル

・会社案内制作!デザインサンプルは必要?
会社案内のデザインサンプルを作っておくと、外部にデザインを依頼する時に使えます。
パンフレットのデザインは、社内で作るのではなく、外注に任せるのが一般的ですが、思ったようなデザインに仕上がらないことがあります。
当然、印刷の前に出来上がった原稿を確認することになるのですが、それでもなかなか希望通りにならないケースは良くあることです。
デザインサンプルがあれば、希望する完成形を相手にスムーズに伝えることができるので、用意しておくと良いでしょう。

・制作会社からもデザインサンプルをもらう
デザインサンプルは、制作会社からも提示してもらうことができます。
複数の制作会社からサンプルを貰って、それらを比較することでより希望のデザインを仕上げてくれる業者を選ぶことができます。
また、SOHO募集サイトなどでコンペ形式でデザインの募集をかければ、たくさんの応募が集まり、より良いデザインが見つかるかもしれません。

・会社案内パンフレットの費用の抑え方
会社案内パンフレットの予算があんまり出せない時には、どこかで費用を節約する必要があります。
そのためには、ある程度のところまで資料を作っておくということが大事です。
全く何もない状態でデザインを制作会社に依頼すると、取材から行うことになりますのでその分の費用が余計に掛かってしまいます。
ですが、こちら側である程度のサンプルを作っておけば、イメージ通りのデザインを仕上げてもらえますし、費用も安くなります。
他には、個人のフリーランスにデザインのみを依頼することで、費用を抑えることも可能です。
ただその場合だと品質が担保されない可能性があります。

・「キャッチ力」の高いパンフレットを作る
パンフレットは、人の興味関心を惹くものでなければなりません。
興味関心を惹くことで、内容をしっかりと読んでもらうことができます。
そのためにはまず、会社案内パンフレットに、意外性のあるデザインを取り入れてみることが大事。
人は、外見を見て、中身を知りたくなるものなので、パンフレットのデザインは人の心を掴めるものでなければなりません。

・パンフレット制作会社の選び方
紙媒体のデザインや編集が得意な業者を選ぶことが重要です。
WEBと紙では、セオリーが違ってくるため同じ広告制作会社でも得手不得手があります。
あとは、自社と同じ業界のパンフレットを制作したことがある業者にお願いすると、失敗が少ないでしょう。