image - 会社案内パンフレットのデザイン方法

会社案内パンフレットのデザイン方法

▼ 目次

会社案内のパンフレットデザイン

会社の商品やサービスを外部にアピールするためには、まず何かしらの宣伝を行わなければなりません。
また会社の存在自体を世間に認知してもらうためにも同じように宣伝が必要です。
その宣伝のために使われるツールの一つとして、会社案内パンフレットがあります。
会社案内に使われるパンフレットは、非常にキャッチーなデザインになっていることが多いです。
なぜキャッチーなデザインにする必要があるのでしょうか?

会社案内パンフレットの特徴

会社案内のパンフレットは、会社のサービスや商品コンセプトを、世間に認知してもらうために作られるものです。
制作する時にはターゲットを明確にしてその人達に情報を届けるために、まず手に持ってもらうための工夫を施さないといけません。
そのためには、デザインにインパクトを持たせて興味を引く必要があります。
興味がなければどんなに素晴らしい商品を説明していても、そのパンフレットを読んでもらうことはできません。
そのため、パンフレットのデザインは、おしゃれでインパクトのあるものを考えるというのが、最も理想的なやり方です。

パンフデザインの構造を知る

パンフレットデザインには構造があります。
例えば表は動的なデザインで、ページをめくると静的なデザインになっていくというもの。
これは、表ではターゲットに対して視覚で訴えて、とにかく手に取ってもらう。
中になるほど情報が頭に入りやすいようにデザインのインパクトを抑えて、説明文を強調するという意味があります。

表紙に用いるデザインの特徴

表紙には会社のテーマが伝わるように、デザインを統一しなければなりません。
このデザインひとつで、会社の存在をターゲットの記憶に定着させることができます。
特に紙のパンフレットは存在感が強いため、コンセプトが明確なデザインは、人の心に残りやすいという特徴があります。

パンフを見せるターゲットを明確にする

先ほどからもターゲットという言葉が度々出てきましたが、これが設定されていないと、パンフレットデザインのコンセプトそのものがずれてしまいます。
会社のサービスや商品は、想定されたターゲットに向けて提供されているものです。
そのため、コンセプトとターゲットは、セットになっていないといけません。
ターゲットを明確にするためには、市場リサーチを徹底して行う必要があります。
どのような年齢層、性別、趣味趣向の人が、自社の商品に興味を抱きやすいのか?
もしくは、どのような企業に対して、メリットのあるサービスなのかを深く調べていきます。

会社案内を費用を掛けずに作るには?

パンフレット制作するには、取材費、デザイン企画費、デザイン制作費、印刷費といったお金が掛かります。
できるだけ予算を抑えて制作するには、業者に依頼せずにテンプレートを利用して、自社で制作するのもひとつの方法です。
会社案内のパンフレットに使えるテンプレートは、インターネット上のサイトからダウンロードすることはできます。
枠組みや素材を組み合わせて、簡単にパンフレットの原稿ができます。
ただしテンプレートで作ったパンフレットは独自性が少ないため、見る人の心に刺さりにくいのは難点です。

パワーポイントを使って見本資料を作る

会社案内パンフレットデザイン制作を外部に依頼する場合、ワイヤーフレームで作成した資料などの見本があった方がいいです。
パワーポイントを使えば簡単にその見本を作れますので、基本的な操作をマスターするといいでしょう。
最初は使い方がわかりにくくても、ひとつずつ覚えていけば知らない間に使いこなせるようになります。
インターネット上にはパワーポイントで使える素材をダウンロードできるサイトがありますので、そういったものも活用して資料を作っていくと良いでしょう。

会社案内パンフレット制作の流れ

パンフレット制作を外部に依頼した場合、まず取材から始める場合と資料を基に原稿を制作していく流れがあります。
もとになる資料があった方が、業者側も忠実に再現しやすいですので、できるだけ資料を用意した方がいいです。
その方が、取材費用が掛からないので安く抑えられます。
何もない状態で全てを外部に依頼した場合、取材からデザイン制作費まで全ての費用がかかってしまいます。
予算を少しでも節約するためには、自社でできるところはやっていくという形にした方がいいでしょう。

パンフレット制作は専門業者に依頼した方がいい理由

こういった会社案内資料を、作成している制作会社はたくさんあります。
WEB系専門の会社の中にも、仕事を受注するところはありますが、紙媒体の専門知識がないと画像や文章の配置がおかしいことになってしまいます。
WEB媒体と紙媒体では、セオリーが全く変わってきます。
よりよい会社案内パンフレットを作ってもらうためには、制作会社を選ぶときに紙媒体の実績がある制作会社を選ぶことです。